オリゴ糖の効果と種類

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

便秘の改善や解消に効果が期待できると注目を集めている食品としてオリゴ糖があります。腸内環境を改善するためには、腸内に存在する、善玉菌、悪玉菌、日和見菌のなかの善玉菌を増やすことが必要となりますが、オリゴ糖は善玉菌の代表といわれるビフィズス菌の栄養源となるため、オリゴ糖を摂取することにより腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるのです。オリゴ糖は難消化性物質であるため、胃や小腸で消化吸収されることなく、そのまま大腸に届くことができます。これによって、生きたままビフィズス菌のエサとして利用されます。

オリゴ糖は、3種類以上の糖類が結合した化合物であり、さまざまな種類があります。ガラクトオリゴ糖は、乳糖を処理してつくられたもので多くの乳製品に含まれています。フラクトオリゴ糖は、ショ糖と果糖が結合したものであり、カロリーが少なく虫歯にもなりにくい甘味料としても使用されます。イソマルトオリゴ糖は、日本人になじみの深い味噌や醤油、清酒やはちみつなどに含まれているもので、防腐作用もあります。便秘の解消には、なるべく純度の高いオリゴ糖を、毎日の食事などで継続的に摂取することが望ましいとされています。

関連サイト《私の便秘は解消しました。~この感動をあなたにも~